薄毛にまつわる体験談

薄毛で生まれた信頼関係【会社での取引成功体験】

投稿日:2019年3月26日 更新日:

 

営業をしている40歳男性です。30代後半から、ぐっと髪が薄くなりました。悩んで色々試しましたが、実は薄毛のおかげで仕事がうまくいったことがあります。

相手は取引先の中でも性格の悪さで有名な係長でした。私より5歳年上でしたが見た目に気を遣っていて、いつも高そうなスーツをオシャレに着こなしていました。

仕事に関しては非常に細かく、何かと難癖付けては支払いを値切ったり納期を短縮したりするので嫌われていました。同僚は誰もがその係長の担当になるのを嫌がっていたのですが、ある日どうしても私が交渉に行かなければならなくなり、重たい気持ちで向かいました。

案の定、無茶な要求を突き付けられ、断ると取引停止まで持ち出してきて威圧されました。そんな時です。私は鞄から資料を出そうとして、うっかり別のパンフレットを出してしまいました。

それは、取引先に行く前に寄った店でもらった増毛のパンフレットでした。薄毛に悩んでいた私は手当たり次第に育毛剤や発毛剤を試しており、増毛にも興味津々だったのです。

慌ててパンフレットを鞄にしまおうとした時、係長が言いました。「それ、見せてくれる?」私は驚きました。係長は髪の毛がふさふさで、とても薄毛の悩みがあるとは思えません。

からかわれているのかとすら思いました。しかし係長は真剣でした。私からパンフレットを受け取ると、じっくり読み進めました。そして読み終わると私の頭を見つめ、言いました。

「薬は、使ってる?」私は使ったことのある薬の名前を言いました。すると、係長はそのすべてに対して感想を言い始めました。あれは良かったとか、あっちはスース―するだけで効果が無いとか。

使ったことのあるものにしか分からない内容でした。私はおそるおそる聞いてみました。「薄毛に悩んでいるのですか?」と。係長は私の目を見つめた後、そっと下を向きました。

一見ふさふさに見えたのですが、頭頂部は薄くなっており、黒いスプレーで地肌を染めて隠していました。パウダータイプのものも合わせて使っている様でした。

私は、一つうなずくと下を向きました。私も同じスプレーを使っていたからです。二人の間に連帯感がうまれました。微かな友情すら芽生えました。結果、取引は大成功に終わりました。

係長が無茶な要求を取り下げ、しっかりとこちらの話を聞いてくれたからです。あれから二人で何度も飲みに行っています。話題はほとんど、新しい薄毛対策グッズの話です。

-薄毛にまつわる体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

意外と他人の禿げなど気にもとめられていない?

私は所謂「禿げ系統」です。親父、祖父取り分け祖父は「オール禿」、親父も襟元を残して禿げでした。そんな私も20代前半で、額からだんだんと薄くなってきました。 まあ遺伝だからしょうがないかな?と覚悟を決め …

授業参観で修羅場に遭遇して真剣に薄毛対策に取り組んだ結果

私は40代、男性、会社員です。私の薄毛はそれこそ大学生の頃まで遡ります。私はもともと髪の毛は濃い方ではなかったんですね。けれども結婚をして、そして30代を過ぎると、私の頭は薄毛というよりもう「ハゲてき …

精神的に前向きに考えることが髪の毛に良いと悟る

まずは薄毛の対策の話をする前に、私がハゲ出した、薄毛になり出したことについて語りたいと感じます。少しハゲたなと感じたのは21歳くらいからです。 33歳に結婚寸前まで付き合った女性と別れたことによって、 …


    館 長

    年齢 40代
    身長 170cm
    髪 全体的薄毛
    心当たり ストレス,食生活,その他沢山

    髪の毛がだんだん薄くなる恐怖におびえること数年。意を決して対策をする事にした館長のシーナです。シャンプーと食べ物の改善、頭皮マッサージなどを組み合わせ、フサフサを目指しています。特に育毛シャンプーは全て使い比べています。買ってみて、「あっ、これ違う」ってなると金額的に落ち込みます…。人柱となって伝えたいと思っていますので、生暖かい目でご覧ください。